就活.tokyoロゴ

複数の日経225採用企にに内定をもらい、さらに採用にもかかわった管理人が教える、「本当」の「王道」の就活テクニック

基本編 超戦略的就職活動

○○本を読めば採用のポイントがわかる!

投稿日:


皆さんは就職活動を始めるにあたり、少なくとも1冊は就職活動本を購入したりもらったりすると思います。

今回は一般就活生と違う情報源・教材で就職活動をより戦略的に進めるテクニックをご紹介します



一般的な就活教材は?

このサイトをご覧になっている皆さんは既に購入されているかもしれません。いろいろな出版社から就職活動を開始する学生に向けて出版されているもの。いわゆる就活本というものです。

例えば、以下のような本です。

こういう本を読めば、王道の就職活動の進め方については理解することが出来ます。

このブログでは何度も伝えていますが、これらの本は王道のネタしか書かれていません。他の学生よりも有利になるような情報がなかなか無いのが現実です

就活でオタクな見た目を改善する「魔法」の3つのポイント

では、他の学生と差をつけられる情報源は何でしょうか?

今回はその内の1つをご紹介いたします。

採用担当者が読むHow to本を読む!

皆さんは就職活動のために、いろいろと情報収集をして、対策を打っていると思います。

実は採用担当者も同じです。

採用担当者も悩んでいる!

採用担当者も大量のエントリーシートから短時間で、いかに良い学生を見つけ出すか。や、10分程度の面接でどうやっていいところを引き出すか?などなど、採用する側のテクニックについて、悩み勉強しています。

彼らも会社員ですので、上司からのプレッシャーのもと、いい学生を取るために必死に頑張っているのです。

皆さんと同じで、WEBで情報収集したりHow to本を購入したりするのです。

採用担当者のHow to本とは?

ここは盲点だと思っています。

実は、世の中には、「採用担当者向けのテクニック本」というものが多数出版されています。

ご存知でしたか?

これらの書籍には、学生をどう評価すればいいか?どこを見ればいいか?また面接の際にはどういう質問をすればいいか?など、多くの情報が記載されています。面接する側の状況を理解することは、非常に重要です。

相手の気持ちを知り、相手の期待にこたえる回答をしていく

孫氏の兵法の有名な句にも「彼を知り己を知れば百戦殆うからず(敵と味方の実情を熟知していれば、百回戦っても負けることはない。)」というものがあります。

相手がどういう気持ちで採用活動に挑んできているかを把握して、「相手(採用担当)が望む答えを回答してあげること」が合格への近道です。

以前の記事にも書いていますが、採用担当者は上司に対して、”なぜこの学生を次の選考に進ませたか” または”採用したか”を説明しなければいけないのです。自分の期待している答え、またはそれ以上の答えをしてくれる学生は、安心して次のステップに進められます。

その採用担当者が安心できる答えを出すためには、まず、採用担当者がどういう答えを望んでいるかを知る必要があります。

採用担当者が望む答えを知るための情報源の一つが、「採用担当者向けのHow to本」なんです。

超戦略的就活②:採用担当を安心させる方法とは?[序盤エントリーシート編]

当サイトの情報は選考の通過や内定を保障するものではありません。就職活動は自己責任行ってください。当サイトの情報による損害や被害については当サイトは一切責任を負いません。

-基本編, 超戦略的就職活動

執筆者:

@SyukatsuTokyo

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最終面接

超戦略的就活④:採用担当を安心させる方法とは?[終盤 内定直前編]

こんにちは管理人のシタラです これまでの記事で企業は「安心できる人」を採用したい事をお伝えしました。 また、前回・前々回の記事で採用担当者を「安心させるため」の基礎の基礎をお伝えしてきました。 今回は …

ブリーフケース

就活トラブル解決!日程がかぶってしまった!

最終面接の日程がかぶってしまった!どうしよう!日程調整してもらったら印象があるいかも。   目次1 面接の日程がかぶったどうしよう!1.1 日程調整で乗り切る1.2 どちらを優先する?1.3 …

ライオン

圧迫面接の目的を理解して安心して挑もう!

前回、圧迫面接は「実際の仕事での理不尽な状況のシミュレーション」ということをお伝えしました。 企業は圧迫面接で状況をシミュレーションして、学生の何を見たいのでしょうか? 目次1 企業が見たいのは「機転 …

勉強

人を多く募集している部門の見分け方 「事業規模」

人を欲しい部門を見分け、競争率の高い部門を志望するのは「企業への内定」を第一優先にするための必須戦術となります。今回の記事では、「人を多く欲している部門=競争率が低くなる」を見つけるための方法「事業規 …

受かりやすい企業の見分け方

就活:内定をもらいやすい、受かりやすい会社の見つけ方

就職活動をしていると、「ダメもと」でもチャレンジしてみたい超人気企業があったり、「この企業は受かりそうだな」と思って受けている企業などあると思います。 超人気企業にチャレンジすることも重要ですが、「隠 …

ライオン

ダメな志望動機6パターン全部見せます![惹かれた・魅力を感じる]

アナタの志望動機はNG事例にどっぷりはまっていませんか?今回は典型的なNG志望動機の例6つの例の2つ目です。 ダメな志望動機6パターン全部見せます![グローバルに活躍したい人] ダメな志望動機6パター …

牛

ダメな志望動機6パターン全部見せます![社会人志望]

志望動機の典型的NG事例その6!前回の「業界志望人間」を上回る破壊力を持った「社会人志望人間」です。 これは無意識に書いてしまっているんだと思いますが、「社会に貢献したい」や、「自分を成長させたい」が …

ダーツ

選考の仕方には2つの種類があります

選考のステップによって、選考の仕方が違います。この選考の違いを理解して戦略的に就職活動をしていくべきです! 目次1 「ふるい落とす選考」と「選ぶ選考」1.1 落とす選考1.2 選ぶ選考2 「落ちない戦 …

怖い

圧迫面接を乗り切ろう!圧迫面接の大前提とは?

圧迫面接。批判の多い採用方法の一つですが、対人の仕事が多い業種では、まだまだ存在します。 今回はこの活動をどう乗り切っていくかを考えて生きましょう。 目次1 圧迫面接の大前提1.1 アナタを採用したい …

ミーティング

人を多く募集している部門の見分け方[中途採用編]

人を多く募集している部門の見分け方3回目、中途採用編です。 目次1 中途採用を募集している部門・職種は新卒も採る可能性が高い1.1 中途採用は今すぐ欲しい部門=人が足りない部門1.2 中途採用は職種ま …