就活.tokyoロゴ

複数の日経225採用企にに内定をもらい、さらに採用にもかかわった管理人が教える、「本当」の「王道」の就活テクニック

トラブル対応編 超戦略的就職活動

就活トラブル解決!日程がかぶってしまった!

投稿日:2017年4月11日 更新日:


最終面接の日程がかぶってしまった!どうしよう!日程調整してもらったら印象があるいかも。

 



面接の日程がかぶったどうしよう!

どっちも入社したい企業の最終面接(途中の面接でも)がかぶってしまった。さてどうしましょう。

日程調整で乗り切る

どちらも希望する企業の場合、「断る」わけには行きません。

体は1つしかありませんから、

どちらか1社は日程調整するしかありません。

ちなみに、ビジネス界では会議や面会の日程調整は日常茶飯事ですので、そんなに特別なことではありません。

学生の方が思っているほどのダメージは無いと思います。ただし、「採用面接」というのはかなり「重要なイベント」ですので、日程調整はいいですが、丁寧に対応していきましょう。

どちらを優先する?

どちらが先に決まったか?は重要ではありません。

どちらが重要な面接か?で決めてください。

「A社の説明会と、B社の1次面接」であれば、B社の1次面接を優先。「A社の最終面接と、B社の1次面接」であれば、A社の最終面接を優先するのが当然でしょう。最終面接同士の場合は、自分が「より」入りたい企業や、「より」内定がもらえそうな企業など自分なりの優先順位を決めましょう。

重要なことは

予定が決まった順番ではなく、重要な順番で決める

ということです。

 

わかった”瞬間”に連絡する

日程調整はわかった瞬間に連絡する。が基本です

日程調整は早ければ早いほど影響は少ないです。

前日に最終面接をリスケジュールするというのは選考への影響も気になるところです。

一方で1週間前に日程調整のお願いであれば、ダメージもかなり少ないと思います。

一番いいのは、「案内が来た瞬間」です。「先ほどいただいた○月○日の面接の案内なのですが・・・」と、連絡に応答する形での日程変更が一番いいですね。

時間がたってからの日程変更依頼は、その面接よりも重要な予定が「後から入ってきた」ということになります。そんな急にはいる重要な予定は、学校の講義やバイトは理由としてはありえないので、「誰かが死んだ」くらいしかありえず、言い訳としては微妙なところになります。

 

理由はどうする?

「他社の面接とかぶった」とは言わないほうがいいでしょう。

まず、これは第一志望ではないということがばれてしまいますので、あまり正直に言わないほうがいいと思います。

特に最終面接では相手企業が第一志望ではないということがバレバレになってしまい、悪い印象を与える心配があります。

 

「風邪」、「親戚のお葬式」、「どうしても出席しなければいけない授業がある」など、採用担当者には多数の日程調整の電話が掛かってきます。採用担当者も「またか」と思ってしまう可能性もあります。

実は

「理由はいわない」のも一つの手

「体調不良で・・・」や「お葬式で・・・・」は何人からも電話を受けている人事担当者からしたら、どれも[言い訳」に聞こえてしまいます。

友達に「飲み会」に誘われた際に、本当に予定があった場合、「やましい」気持ちがなければ、わざわざ理由を解説しないですよね・・・?

 

この際、

言い訳は一切せず、謝罪と志望の熱意を伝えるほうが得策かもしれません。

「申し訳ございません。その日は、どうしても都合が悪くなってしまいました。しかし是非御社に入社したいとか考えており・・・」など、謝りながらもシッカリと熱意を伝えましょう。

しかし、「何か予定があるのですか?」と聞いてくる人事もいます。その際には、ちゃんとした理由を答えられるようにしておきましょう。間違っても「他の企業が」というのはNGです。「大学の講義やゼミ」あたりが無難かと思いますが、[最終面接」と天秤にかけられる予定はそう簡単には出てこないので、そういう意味で「理由は言わない」というのも一つの作戦ではないでしょうか。

 

手段は電話で

重要な連絡は電話で。がビジネスの基本です。

電話で日程変更をお願いし、その場で日程が決まれば、その後確認の意味をこめてメールを送るのがいいでしょう。

 

いずれにしても日程調整はリスクが伴います。アドバイスは書きましたが自己責任で実施をお願いいたします。

 

当サイトの情報は選考の通過や内定を保障するものではありません。就職活動は自己責任行ってください。当サイトの情報による損害や被害については当サイトは一切責任を負いません。

-トラブル対応編, 超戦略的就職活動

執筆者:

@SyukatsuTokyo

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エントリーシート

超戦略的就活②:採用担当を安心させる方法とは?[序盤エントリーシート編]

こんにちは管理人のシタラです 前回の記事で、企業は「安心できる人」を採用したい事をお伝えしました。 前回の記事 超長戦略的就職活動①:基本 企業は「いい人」を採りたいわけではない! 企業や、採用担当者 …

砂漠

エントリーシートのコツ③:基本編 念のため確認ですがスカスカで出してないよね?

いったんエントリーシートの基本編に戻ります。一般的な就活本にも書かれていることも多いですが、採用担当の気持ちから書いてみたいと思います 目次1 スカスカのエントリーシート返していませんか?2 最低でも …

情報収集方法

1ランク上を行く○○情報収集法で就活を有利に!

皆さんは、就職活動の情報収集はどうされていますか?普通にわかる情報収集先では他の学生と差をつけることは難しいです。 今回は、他の学生と違う情報収集法で、就活をもっと有利に進める方法をお伝えいたします …

調査

人を多く募集している部門の見分け方[業績編]

同じ企業でも、希望する部署によって大きく内定率が変わります。 募集人数が多い部門を予想して、戦略的に部門を希望していきましょう。 目次1 好調な部門は人を募集する2 不調部門が「人を採用しない」とは表 …

最終面接

超戦略的就活④:採用担当を安心させる方法とは?[終盤 内定直前編]

こんにちは管理人のシタラです これまでの記事で企業は「安心できる人」を採用したい事をお伝えしました。 また、前回・前々回の記事で採用担当者を「安心させるため」の基礎の基礎をお伝えしてきました。 今回は …

面接

超戦略的就活③:採用担当を安心させる方法とは?[中盤 面接編]

こんにちは管理人のシタラです これまでの記事で企業は「安心できる人」を採用したい事をお伝えしました。 また、前回の記事でエントリーシートで「安心させるため」基礎の基礎をお伝えしました。 超長戦略的就職 …

怖い

圧迫面接を乗り切ろう!圧迫面接の大前提とは?

圧迫面接。批判の多い採用方法の一つですが、対人の仕事が多い業種では、まだまだ存在します。 今回はこの活動をどう乗り切っていくかを考えて生きましょう。 目次1 圧迫面接の大前提1.1 アナタを採用したい …

ライオン

ダメな志望動機6パターン全部見せます![惹かれた・魅力を感じる]

アナタの志望動機はNG事例にどっぷりはまっていませんか?今回は典型的なNG志望動機の例6つの例の2つ目です。 ダメな志望動機6パターン全部見せます![グローバルに活躍したい人] ダメな志望動機6パター …

受かりやすい企業の見分け方

就活:内定をもらいやすい、受かりやすい会社の見つけ方

就職活動をしていると、「ダメもと」でもチャレンジしてみたい超人気企業があったり、「この企業は受かりそうだな」と思って受けている企業などあると思います。 超人気企業にチャレンジすることも重要ですが、「隠 …

図書館

戦略的に「希望部門」を決める3つの方法!志望部門で競争率は違う!

同じ企業でも、どの部門を志望するかによって内定率・競争率に大きな差が生まれます。 内定をもらうためには、「どの部門を希望するか」を戦略的に決めていくことが重要です。 戦略的な志望部門の決め方1:同じ会 …