就活.tokyoロゴ

複数の日経225採用企にに内定をもらい、さらに採用にもかかわった管理人が教える、「本当」の「王道」の就活テクニック

エントリーシート編

エントリーシートのコツ②:キーワードを入れて光る!

投稿日:2017年3月31日 更新日:


エントリーシートを呼んでもらえる時間は1分ということを前回記載しました。

エントリーシート編①:エントリーシート攻略 基礎編

そのために「結論を先に書く」は大原則です。

今回は、更に1分間で「光る」エントリーシートにするためには何が必要でしょうか?今回はそれを記載していきます。

 



1分で光るためのキーワードや具体的例を入れる

各項目は結論から書くといいましたが、文章のなるべく冒頭に、採用担当者に響く・目を引くキーワードを入れることが重要です。

 

キーワードとは一般的に固有名詞です。固有名詞は目立ちます。特に自分に関係する固有名詞は見つけ易いです。

皆さんが、文章を流し読みしているときでも、自分の名前が文中にあると不思議とパッと見つけられると思います。

これは「記憶のフィルターモデル」と呼ばれる「選択的注意の原理」に基づくものです。視覚や聴覚で受け取った情報を処理する前に、普段から気にかけている情報とそうでない情報を振り分けるフィルターがあります。重要でない情報は「低次の処理」、重要な情報は「高次の処理」へと脳内で振り分けられます。

採用担当者が日頃から気にかけているキーワードを入れる

つまり、「採用担当者」が常日頃から気にかけているキーワード=「高次の処理」に振り分けられるキーワードを入れることが重要です。

具体的には、「その会社の商品名」、「経営者の名前」などになります。

特に志望動機では「その企業」に向けてしか書けないキーワードが重要です

私が小学校2年生のとき、お年玉で購入したものが御社の○○でした。

その企業に関連する固有名詞をなるべく文章の先頭のほうに埋め込んでいくようにしましょう。

 

就職本でエントリーシートの書き方の基本を学ぶことも重要ですが、

コピーライティングの本を読むのも役立つ

広告のコピーライティングは、街中で一般人の目をひきつけるためのテクニックが満載です。

じっくり読んでもらえる文章と異なり、「パッと見て判断」されるエントリーシートではコピーライティングのテクニックは大いに活用できます

 

 

当サイトの情報は選考の通過や内定を保障するものではありません。就職活動は自己責任行ってください。当サイトの情報による損害や被害については当サイトは一切責任を負いません。

-エントリーシート編

執筆者:

@SyukatsuTokyo

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドア

エントリーシートのコツ①:基礎編 エントリーシートは1分勝負!

エントリーシートの役割はご存知ですか? 前回の記事でも記載しましたが、エントリーシートの役割は「企業が対応できる人数まで絞る」ためのものです。 「選ぶ」ための面接とは異なり、「ふるい落とすため」のエン …

砂漠

エントリーシートのコツ③:基本編 念のため確認ですがスカスカで出してないよね?

いったんエントリーシートの基本編に戻ります。一般的な就活本にも書かれていることも多いですが、採用担当の気持ちから書いてみたいと思います 目次1 スカスカのエントリーシート返していませんか?2 最低でも …

情報収集方法

1ランク上を行く○○情報収集法で就活を有利に!

皆さんは、就職活動の情報収集はどうされていますか?普通にわかる情報収集先では他の学生と差をつけることは難しいです。 今回は、他の学生と違う情報収集法で、就活をもっと有利に進める方法をお伝えいたします …

考える

エントリーシートも面接も○○の順番で答えるのが重要!

今日は、エントリーシートでも面接でも使える「質問に答える」際のテクニックをお伝えいたします。 ビジネス文書ではごく当たり前なのに、就活本にはこの根本的な部分は余りかかれていません。 就活本に書かれてい …