就活.tokyoロゴ

複数の日経225採用企にに内定をもらい、さらに採用にもかかわった管理人が教える、「本当」の「王道」の就活テクニック

基本編 超戦略的就職活動

超戦略的就活②:採用担当を安心させる方法とは?[序盤エントリーシート編]

投稿日:2017年3月10日 更新日:


こんにちは管理人のシタラです

前回の記事で、企業は「安心できる人」を採用したい事をお伝えしました。

前回の記事
超長戦略的就職活動①:基本 企業は「いい人」を採りたいわけではない!

企業や、採用担当者が「安心できる人」と思う人はどういう人でしょうか? エントリーシートや面接でどう表現していけばいいでしょうか?

志望動機、自己PR、例文をマネする、以前に、もっと重要な大原則があります

今回はこちらについて記載していきます

いつまでたっても内定ゼロの方は必見です

 



採用担当者を「安心させる」ためのポイントとは

企業を安心させる方法の結論だけを最初に簡単に記載しましょう。

エントリーシート・グループワーク・面接それぞれで数々の戦略・裏技がありますが、今回は採用担当者を安心させる一番重要なポイントに絞っていきましょう。

選考プロセス序盤(応募・エントリーシート)
  • 次の選考に進めて失敗しない人
  • ちゃんと「入社を志望」してくれている人
    (練習や滑り止めの受験ではない)
選考プロセス中盤(面接)
  •  組織内で調和を乱さずうまく、周りと協力してうまくやっていけそうな人
    (自分の部下になった場合、うまく活躍してくれるか)
  • 内定キャンセルしないか
  • これがある前提で+「いい人」であること
選考プロセス終盤(内定前)
  • 人事担当者 内定キャンセルしないか
  • 会社役員 「いい人」であること

 

今回は「選考プロセス序盤(応募・エントリーシート)」について記載します

 

選考プロセス序盤(応募・エントリーシート)

エントリーシートは採用活動の最初の一歩です。

このエントリーシートに通過できると一次面接、あるいは試験へと進むことができます。
採用の入り口であるエントリーシート、大手企業・人気企業には膨大な量が届きます。

エントリーシートの役割は、企業が大量の希望者を対応できる人数に絞り込むためのものです。

SPIやTOEIC、面接など全てにコストが掛かります。企業側はSPIでは1名あたり5000円程度の費用が掛かっています。

つまり、エントリーシートの次から本格的な選考が始まるといっても過言ではありません。エントリーシートでは「選考対象にしても安心な人」を選別します。

エントリーシートでは

面接や次の選考に行かせても大丈夫な人

であることを的確に伝え、採用担当者を安心させる必要があります

 

 

エントリーシートの評価方法・基準

エントリーシートの評価は膨大な数をこなさなければいけないので、一般的に「平社員・あるいは外注先」が評価を行います。

次のステップの「面接」などからは、係長クラスもかかわってきます。選別する平社員からしてみると、「変な人」を次の選考に通してしまうと上司から怒られてしまうわけです。

更にエントリーシートは、その後の面接の参考資料にも使われますので、「役員クラス」もエントリーシートを読む可能性があります。(ちなみに私が働いていた一部上場企業では最終面接は「部長クラス」でした。)

エントリーシートでは平社員が上司に対して「こういう理由で大丈夫な学生だから通した」と自信を持って説明できるような人物であることを表現しましょう。

企業にしてみれば、膨大な量の応募が来るわけですから、

不安要素が少しでもある人を通す必要はまったくない

のです。

このツボを抑えておかないと、どれだけ記載内容をがんばっても通過することは出来ません。

 

ESで採用担当者が不安になるポイント

1.字は下手でもいいが、幼稚な字・癖のある字はNG

会社に入るとお客様への手紙や宛名など、自分の手書きが社外にでることがあります(昔より圧倒的に減りましたが)

つまり、

会社の文書が、あなたの字で表に出てしまって恥ずかしくないか

が見られています。

何度も書いているとおり、企業は失敗することを何よりも嫌います。

「こんな文字で会社の手紙を出されてしまったら失敗してしまう!」と思われてしまうと、その時点で「ご縁がなかった」となります。

 

キレイな字であることがベストであることは言うまでもありません。

しかしここで重要なのは「恥ずかしくない字」であるということです。下手でもまったく問題ありません。

問題なのは、「幼稚な字」「極端な癖時」です。


幼稚な字

そのままのですが「小学生のような字」です。言葉での表現が難しいですが、

  • 文字のサイズがばらばら
  • 文字の基準線もばらばら
  • 縦線や横線がいろいろな方向に向いている
  • とめ、はね、はらいが意識されていない

極端なクセ字

  • 極端な丸字になっている
  • 字はうまいが崩しすぎ

特に大手企業では、手書きのエントリーシートは最近減りました。しかし選考過程で手書きの書類を出すことは1度は必ずあると思います。

「就職説明会の記名式アンケート」も要注意です

 

2.その企業のことをちゃんと見ているか?

面接に進んだ際に、ロクな受け答えができないような人は、エントリーシートで落としておく必要があります。

そこで最初に見るポイントは

自社のことを、この学生はちゃんと知っているか?

です。

面接で、「弊社のどの事業で活躍したいと思いますか?」と聞かれて、「営業なら何でも頑張ります!」なんて答えるような学生を通してしまうと、エントリーシートを通した平社員は上司から怒られ責任追及されてしまうわけです。

実際には、そんな答えする人はほとんどいません。

しかし、上にも書いたとおり、大手企業には膨大な量のエントリーシートが届きます。こういう不安要素がある学生を落としても、まだまだ候補者がいます。あえてこういう不安要素のある学生を通過させる意味はないのです。

つまりエントリーシートの段階で

私はアナタの会社のことや事業内容をよく理解しているよ
理解したうえで○○な仕事がしたくて本気で入社したいから応募しているんだよ

ということを表現することが重要です!

 

エントリーシートは足きり

エントリーシートは要は「足きり」です

学校名、学科、TOEICなどの点数、容姿など含め、企業がほしい人材の基準に達していない人や不安要素がある人を落とすためのものです。

学歴は就職活動時はどうしようもありませんが、その後に何とでもなるところはシッカリと意識して戦略的な就職活動を心がけましょう!

私は不安要素がない人間ですよ

と伝えることが重要なのです

当サイトの情報は選考の通過や内定を保障するものではありません。就職活動は自己責任行ってください。当サイトの情報による損害や被害については当サイトは一切責任を負いません。

-基本編, 超戦略的就職活動

執筆者:

@SyukatsuTokyo

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミーティング

人を多く募集している部門の見分け方[中途採用編]

人を多く募集している部門の見分け方3回目、中途採用編です。 目次1 中途採用を募集している部門・職種は新卒も採る可能性が高い1.1 中途採用は今すぐ欲しい部門=人が足りない部門1.2 中途採用は職種ま …

教科書

○○本を読めば採用のポイントがわかる!

皆さんは就職活動を始めるにあたり、少なくとも1冊は就職活動本を購入したりもらったりすると思います。 今回は一般就活生と違う情報源・教材で就職活動をより戦略的に進めるテクニックをご紹介します 目次1 一 …

笑顔

圧迫面接も事前に想定問答を準備で乗り切ろう!

圧迫面接は事前準備できない瞬発力(機転が利くか)を試す面接です。でも所詮10分程度の面接です。事前準備をシッカリして乗り切っていきましょう! 目次1 圧迫面接対応の基本2  圧迫面接のタイプ2.1 何 …

名刺

超戦略的就活6:選考はいつから始まっている?

大手企業になりますと、エントリーシートやグループ面接の前に、セミナーや先輩社員懇談会などがあります。 目次1 名前がバレる場合は全て選考だと思え!1.1 会社説明会では?1.2 先輩社員懇談会では?2 …

どうしても入りたい企業がある

どうしても入りたい企業がある!内定率を劇的に上げる方法!

皆さんには、なんとしても受かりたい憧れの企業。正真正銘第一志望の企業があると思います。 「なんとしても受かりたい」そのために、「企業研究」や「自己PR」、「志望動機」を徹底的に準備することは当然だと思 …

地球

ダメな志望動機6パターン全部見せます![グローバルに活躍したい人]

アナタの志望動機はNG事例にどっぷりはまっていませんか?今回は典型的なNG志望動機の例6つ挙げていこうと思います。 目次1 典型的なNG6パターン2 その1:グローバルに活躍したい人間2.1 などなど …

受かりやすい企業の見分け方

就活:内定をもらいやすい、受かりやすい会社の見つけ方

就職活動をしていると、「ダメもと」でもチャレンジしてみたい超人気企業があったり、「この企業は受かりそうだな」と思って受けている企業などあると思います。 超人気企業にチャレンジすることも重要ですが、「隠 …

情報収集方法

1ランク上を行く○○情報収集法で就活を有利に!

皆さんは、就職活動の情報収集はどうされていますか?普通にわかる情報収集先では他の学生と差をつけることは難しいです。 今回は、他の学生と違う情報収集法で、就活をもっと有利に進める方法をお伝えいたします …

勉強

人を多く募集している部門の見分け方 「事業規模」

人を欲しい部門を見分け、競争率の高い部門を志望するのは「企業への内定」を第一優先にするための必須戦術となります。今回の記事では、「人を多く欲している部門=競争率が低くなる」を見つけるための方法「事業規 …

有名企業の新卒採用倍率

有名企業の新卒採用倍率・求人倍率を紹介!地味な良企業・競争率が低い企業を見つけて内定GET!

皆さんの憧れの企業はどういう企業でしょうか? 「マスコミ・商社・都市銀行」などは、新卒の就職活動では人気企業だと思います。 更に、皆さんが普段使われているサービスや製品の企業にも興味があるのではないで …