就活.tokyoロゴ

複数の日経225採用企にに内定をもらい、さらに採用にもかかわった管理人が教える、「本当」の「王道」の就活テクニック

志望動機編 超戦略的就職活動

ダメな志望動機6パターン全部見せます![惹かれた・魅力を感じる]

投稿日:2017年4月3日 更新日:


アナタの志望動機はNG事例にどっぷりはまっていませんか?今回は典型的なNG志望動機の例6つの例の2つ目です。

ダメな志望動機6パターン全部見せます![グローバルに活躍したい人]

ダメな志望動機6パターン全部見せます![惹かれた・魅力を感じる]

ダメな志望動機6パターン全部見せます![成長したい人]

ダメな志望動機6パターン全部見せます![コピペ人間]

ダメな志望動機6パターン全部見せます![業界全体志望]

ダメな志望動機6パターン全部見せます![社会人志望]



その2:○○に魅力を感じます。惹かれました。

良くあるのが、

  • 御社の社風に魅力を感じます
  • 活き活きと働いている先輩方に惹かれました。

です。

これを志望動機に入れてくる人が本当に多いです。

実はこれNG志望動機の典型パターンなんです。

まず、そもそも

どこの会社でも使える内容を使いまわしているように感じる

たとえば、ちょっとネットで調べて「若い人が活躍していそうな会社」には全部同じようなコメント書いているのではないかと思います。ぱっと調べて、パッと書いたのかな?と本気が伝わらない可能性が高いです。

以前の記事のも書きましたが、

その社風は「どこまで本当か?」

というものがあります。

「自由闊達な雰囲気」、「上下関係のないフラットな組織」、「若い人が活躍している職場」

大企業になると、雰囲気は部署で異なるのが普通です。

自由な上下関係もない、全員がカジュアルな格好で勤務している部署もあれば、ガチガチのお堅い年功序列の部署もあったりします。

面接官やエントリーシートを読んだ人が、「うちはそんな社風じゃない」と思ってしまうとそこで終わってしまいます。会社がオフィシャルに発表しているレベルの社風でなければ志望動機には書かないほうが無難と考えます。

たとえば、サントリーの「やってみなはれ」や、楽天の「社内公用語の英語化」などは、採用担当者も絶対に否定できない内容なので、使っても大丈夫な社風になります。ただこういうネタは、そもそも「有名」なので「浅い」と感じてしまいます。

 

「魅力を感じる」・「惹かれる」もNG

「魅力を感じる」・「惹かれる」は受身的な言葉です。

学生時代は、「授業」を受けます。これは、文字通り、生徒は完全に「受身」です。教える内容は教育要綱で考えられ、学生はそれを「受け取る」わけです。

仕事は「受身」ではありません。仕事は基本的に「攻め」です。

企業も「自分で考えて、自分で動ける人」を採用したいと考えています。

つまり

放っておいても勝手に仕事するひとを採用したい

ということです。

その点、「○○に魅力を感じました」・「○○に惹かれました」は完全に受身です。

企業は、「○○したい!」「自分なら御社で○○できる!」と自分から動く姿勢を感じる人のほうが安心できます。

つまり、「魅力を感じる」「惹かれる」という人は、間接的に「○○してもらえそうだから御社を志望」と言っていることになります。

「○○を自分の力でやりたい!」という人のほうが企業側には魅力がありますので、志望動機を語るときにもこの点注意してみてください。

 

当サイトの情報は選考の通過や内定を保障するものではありません。就職活動は自己責任行ってください。当サイトの情報による損害や被害については当サイトは一切責任を負いません。

-志望動機編, 超戦略的就職活動

執筆者:

@SyukatsuTokyo

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カタログ

志望動機のテクニック:どこから情報を持ってくるかが大切!

前回の加え、今回も志望動機の書き方のコツを補足していきます。 ここまでの記事は以下をご参照ください エントリーシートのコツ①:基礎編 エントリーシートは1分勝負! エントリーシートのコツ②:キーワード …

笑顔

圧迫面接も事前に想定問答を準備で乗り切ろう!

圧迫面接は事前準備できない瞬発力(機転が利くか)を試す面接です。でも所詮10分程度の面接です。事前準備をシッカリして乗り切っていきましょう! 目次1 圧迫面接対応の基本2  圧迫面接のタイプ2.1 何 …

ダーツ

選考の仕方には2つの種類があります

選考のステップによって、選考の仕方が違います。この選考の違いを理解して戦略的に就職活動をしていくべきです! 目次1 「ふるい落とす選考」と「選ぶ選考」1.1 落とす選考1.2 選ぶ選考2 「落ちない戦 …

名刺

超戦略的就活6:選考はいつから始まっている?

大手企業になりますと、エントリーシートやグループ面接の前に、セミナーや先輩社員懇談会などがあります。 目次1 名前がバレる場合は全て選考だと思え!1.1 会社説明会では?1.2 先輩社員懇談会では?2 …

受かりやすい企業の見分け方

就活:内定をもらいやすい、受かりやすい会社の見つけ方

就職活動をしていると、「ダメもと」でもチャレンジしてみたい超人気企業があったり、「この企業は受かりそうだな」と思って受けている企業などあると思います。 超人気企業にチャレンジすることも重要ですが、「隠 …

勉強

人を多く募集している部門の見分け方 「事業規模」

人を欲しい部門を見分け、競争率の高い部門を志望するのは「企業への内定」を第一優先にするための必須戦術となります。今回の記事では、「人を多く欲している部門=競争率が低くなる」を見つけるための方法「事業規 …

教科書

○○本を読めば採用のポイントがわかる!

皆さんは就職活動を始めるにあたり、少なくとも1冊は就職活動本を購入したりもらったりすると思います。 今回は一般就活生と違う情報源・教材で就職活動をより戦略的に進めるテクニックをご紹介します 目次1 一 …

面接

超戦略的就活③:採用担当を安心させる方法とは?[中盤 面接編]

こんにちは管理人のシタラです これまでの記事で企業は「安心できる人」を採用したい事をお伝えしました。 また、前回の記事でエントリーシートで「安心させるため」基礎の基礎をお伝えしました。 超長戦略的就職 …

図書館

戦略的に「希望部門」を決める3つの方法!志望部門で競争率は違う!

同じ企業でも、どの部門を志望するかによって内定率・競争率に大きな差が生まれます。 内定をもらうためには、「どの部門を希望するか」を戦略的に決めていくことが重要です。 戦略的な志望部門の決め方1:同じ会 …

就活の軸

就活の軸って??内定につながる「軸」の考え方とは?

ここ最近出てきた「就職の軸」という言葉。面接でも聞かれることがたまにあります。 「就活の軸」は就職活動序盤にシッカリと決めて、語れるようになっておきましょう。 目次1 企業は何故「就活の軸」を聞くのか …