就活.tokyoロゴ

複数の日経225採用企にに内定をもらい、さらに採用にもかかわった管理人が教える、「本当」の「王道」の就活テクニック

基本編 超戦略的就職活動

超戦略的就活6:選考はいつから始まっている?

投稿日:2017年4月7日 更新日:


大手企業になりますと、エントリーシートやグループ面接の前に、セミナーや先輩社員懇談会などがあります。



名前がバレる場合は全て選考だと思え!

公式には選考が始まっていなくても、エントリーシートや面接よりも前の段階で選考が始まっている場合があります。

以前の記事にも書きましたが、初期段階ですので、「ふるい落とす」選考・フィルターの段階になります。

学生全員はチェックしないが、目立った学生はチェックしている

というのが本当のところです。

 

何度も書いていますが、

大手企業には受験者はいっぱい来るので、わざわざ変な学生を通過させる必要はない

のです。

会社説明会では?

こういうところでも、要注意人物はチェックされています。

  • セミナーに遅れてきた人
  • セミナー中ずっとスマートフォンをいじっている人
  • 変な質問をする人
  • 選考が始まっていないからとだらしない格好や金髪で来る人

などはチェックされています。

学生の名前をチェックする場面はいくつかあります。

  • 受付のとき
  • セミナー後のアンケートを机の上において帰ってくださいというとき

アンケートを机の上においていってください。は顔と名前をマッチングさせる目的があるかもしれない!?

会社説明会後に記名式アンケートがあり、「書き終わったら机の上において帰ってください」という説明会があると思います。

こういう場合、「目に付いた不安な学生」の名前はそこでチェックし、「通さない」学生としてメモをされている可能性があります。(これは私の経験ではなく、聞いた話ですが)

つまり、選考開始前の会社説明会でも絶対に気を抜かないでください!

先輩社員懇談会では?

年齢の近い先輩社員に話を聞くような場を設けている企業も多くあります。

先輩社員1名に対して、6人ぐらいで囲み、20分後とに複数の先輩社員に話が聞けるような画面です。

先輩社員はその後話を聞かれている

こういう場面では先輩社員は、懇談会の後に採用担当者からインタビューを受けていたり、事後アンケートを提出している可能性が大いにあります。

つまり

会社側が先輩社員に聞きたいことは「いい人いた?」ということです。

先輩社員懇談会で、鋭い質問で切り込み、「光る」ことが出来れば、非公式に選考へのエスカレーターに乗ることができるかもしれません。

 

あくまでも「選考」はメインではない

ただ、会社説明会や先輩社員懇談会は選考プロセスではありません。

たいていの人の選考には影響しないと思いますが、

  • 最低限「無難にこなす」事
  • 話す場があるような場では「光る」ことにトライしてみること

が重要だと思います。

当サイトの情報は選考の通過や内定を保障するものではありません。就職活動は自己責任行ってください。当サイトの情報による損害や被害については当サイトは一切責任を負いません。

-基本編, 超戦略的就職活動

執筆者:

@SyukatsuTokyo

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダーツ

選考の仕方には2つの種類があります

選考のステップによって、選考の仕方が違います。この選考の違いを理解して戦略的に就職活動をしていくべきです! 目次1 「ふるい落とす選考」と「選ぶ選考」1.1 落とす選考1.2 選ぶ選考2 「落ちない戦 …

面接

超戦略的就活③:採用担当を安心させる方法とは?[中盤 面接編]

こんにちは管理人のシタラです これまでの記事で企業は「安心できる人」を採用したい事をお伝えしました。 また、前回の記事でエントリーシートで「安心させるため」基礎の基礎をお伝えしました。 超長戦略的就職 …

調査

人を多く募集している部門の見分け方[業績編]

同じ企業でも、希望する部署によって大きく内定率が変わります。 募集人数が多い部門を予想して、戦略的に部門を希望していきましょう。 目次1 好調な部門は人を募集する2 不調部門が「人を採用しない」とは表 …

笑顔

圧迫面接も事前に想定問答を準備で乗り切ろう!

圧迫面接は事前準備できない瞬発力(機転が利くか)を試す面接です。でも所詮10分程度の面接です。事前準備をシッカリして乗り切っていきましょう! 目次1 圧迫面接対応の基本2  圧迫面接のタイプ2.1 何 …

怖い

圧迫面接を乗り切ろう!圧迫面接の大前提とは?

圧迫面接。批判の多い採用方法の一つですが、対人の仕事が多い業種では、まだまだ存在します。 今回はこの活動をどう乗り切っていくかを考えて生きましょう。 目次1 圧迫面接の大前提1.1 アナタを採用したい …

ミーティング

人を多く募集している部門の見分け方[中途採用編]

人を多く募集している部門の見分け方3回目、中途採用編です。 目次1 中途採用を募集している部門・職種は新卒も採る可能性が高い1.1 中途採用は今すぐ欲しい部門=人が足りない部門1.2 中途採用は職種ま …

図書館

戦略的に「希望部門」を決める3つの方法!志望部門で競争率は違う!

同じ企業でも、どの部門を志望するかによって内定率・競争率に大きな差が生まれます。 内定をもらうためには、「どの部門を希望するか」を戦略的に決めていくことが重要です。 戦略的な志望部門の決め方1:同じ会 …

どうしても入りたい企業がある

どうしても入りたい企業がある!内定率を劇的に上げる方法!

皆さんには、なんとしても受かりたい憧れの企業。正真正銘第一志望の企業があると思います。 「なんとしても受かりたい」そのために、「企業研究」や「自己PR」、「志望動機」を徹底的に準備することは当然だと思 …

ゼネコン

ダメな志望動機6パターン全部見せます![業界全体志望]

志望動機の典型的NG事例その5!今回は業界志望人間です。 何度も書いていますが、「その会社」を志望しなければいけません。「業界」だけをどれだけ強く志望しても「その会社」への熱意は伝わりません。 ダメな …

パソコン

ダメな志望動機6パターン全部見せます![無意識コピペ人間]

志望動機の典型的NG事例その4!今回はコピペ人間です。 当たり前ですが、本当に全文コピーする人はいません。 アナタも気づかないうちにコピペ人間になっている可能性がありますよ! ダメな志望動機6パターン …