就活.tokyoロゴ

複数の日経225採用企にに内定をもらい、さらに採用にもかかわった管理人が教える、「本当」の「王道」の就活テクニック

超戦略的就職活動 面接編

圧迫面接の目的を理解して安心して挑もう!

投稿日:2017年3月30日 更新日:


前回、圧迫面接は「実際の仕事での理不尽な状況のシミュレーション」ということをお伝えしました。

企業は圧迫面接で状況をシミュレーションして、学生の何を見たいのでしょうか?



企業が見たいのは「機転」と「ストレス体制」

企業が圧迫面接を通じてみたいのは、「機転のよさ」と[ストレス体制」。これが大きな2つです。

事前準備できない機転のよさ

相手に何を言われても、「ポジティブに」かつ「相手の気分を害さず」に返せるかです。

志望動機や自己PRのように事前に準備したものではない、その場での頭の回転を見たい

ということです。1言でいうと、薄っぺらくなりますが「コミュニケーション能力」を試されています。

 

自己PRを否定されても、「でもこんないいところもありますよ」とか、

アナタはうちの会社には向いていないといわれても、「こういう部分もありますがどうですか?」など、

機転を聞かせた回答で、「気持ちよく食い下がれるか」が重要です

前の記事で圧迫面接はビジネス現場のシミュレーションと書きましたが、自己PRを、「自社製品」だと考えてみてください。

どうしても「買う気がないお客様」に、商談しなければいけないとき、「買う相手」は「あれこれ理由をつけて買うことを拒否します」。

こういう状況でアナタがどう食い下がるか、どう切り崩すかを見ているわけです。

「断る側の気持ち=面接官の攻め方」は、アナタが街で居酒屋のキャッチに捕まっているような状況を想像すれば考え易いのではないでしょうか?

実際の受け答えの案については、長くなるのでまた次の記事で記載いたします。

 

ストレス体制

面接官は、アナタを「怒らせよう」「困らせよう」と攻めてきます。ここでは、「ストレス体制」・「度量の大きさ」を試されています。

ビジネスの現場でも、「スグ怒る人」「すぐ泣く人」は不安で重要な客先には出せないですし、社内でも厄介者扱いされている場合が多いです。

特に、交渉・折衝が多いような業種・職種では、度量の小さい人は採りたくないのです。

 

是非は別として普通の面接より学生の本質を見られる可能性はある

圧迫面接は学生にストレスを与えることは事実です。向かない学生にとっては心の傷になる場合もあるでしょう。そういう意味で賛否両論ある面接方法です。

ただ、このサイトを見ていただいた方は、圧迫面接の概要や面接官の意図を理解いただけたと思いますので、ストレスを抱えることなく、圧迫面接というゲームに挑んでいただければと思います。

ある意味、事前に周到に用意できるエントリーシートや、志望動機・自己PRと異なり、圧迫面接は学生の瞬発力・自力を試すことができると考えている企業が多いということだと思います。

当サイトの情報は選考の通過や内定を保障するものではありません。就職活動は自己責任行ってください。当サイトの情報による損害や被害については当サイトは一切責任を負いません。

-超戦略的就職活動, 面接編

執筆者:

@SyukatsuTokyo

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

笑顔

圧迫面接も事前に想定問答を準備で乗り切ろう!

圧迫面接は事前準備できない瞬発力(機転が利くか)を試す面接です。でも所詮10分程度の面接です。事前準備をシッカリして乗り切っていきましょう! 目次1 圧迫面接対応の基本2  圧迫面接のタイプ2.1 何 …

怖い

圧迫面接を乗り切ろう!圧迫面接の大前提とは?

圧迫面接。批判の多い採用方法の一つですが、対人の仕事が多い業種では、まだまだ存在します。 今回はこの活動をどう乗り切っていくかを考えて生きましょう。 目次1 圧迫面接の大前提1.1 アナタを採用したい …

面接

超戦略的就活③:採用担当を安心させる方法とは?[中盤 面接編]

こんにちは管理人のシタラです これまでの記事で企業は「安心できる人」を採用したい事をお伝えしました。 また、前回の記事でエントリーシートで「安心させるため」基礎の基礎をお伝えしました。 超長戦略的就職 …

調査

人を多く募集している部門の見分け方[業績編]

同じ企業でも、希望する部署によって大きく内定率が変わります。 募集人数が多い部門を予想して、戦略的に部門を希望していきましょう。 目次1 好調な部門は人を募集する2 不調部門が「人を採用しない」とは表 …

勉強

人を多く募集している部門の見分け方 「事業規模」

人を欲しい部門を見分け、競争率の高い部門を志望するのは「企業への内定」を第一優先にするための必須戦術となります。今回の記事では、「人を多く欲している部門=競争率が低くなる」を見つけるための方法「事業規 …

教科書

○○本を読めば採用のポイントがわかる!

皆さんは就職活動を始めるにあたり、少なくとも1冊は就職活動本を購入したりもらったりすると思います。 今回は一般就活生と違う情報源・教材で就職活動をより戦略的に進めるテクニックをご紹介します 目次1 一 …

図書館

戦略的に「希望部門」を決める3つの方法!志望部門で競争率は違う!

同じ企業でも、どの部門を志望するかによって内定率・競争率に大きな差が生まれます。 内定をもらうためには、「どの部門を希望するか」を戦略的に決めていくことが重要です。 戦略的な志望部門の決め方1:同じ会 …

絶対登録すべき就活情報サイト

2019年度就活生必見!絶対登録すべき重要10サイト比較!

今回は、新卒の方用の就活サイトを比較していきたいと思います。 今、就職活動をするには、「就活サイト」に登録しなければ「就職活動はできない」といっても過言ではありません。就職活動をそろそろ始めようと思っ …

考える

エントリーシートも面接も○○の順番で答えるのが重要!

今日は、エントリーシートでも面接でも使える「質問に答える」際のテクニックをお伝えいたします。 ビジネス文書ではごく当たり前なのに、就活本にはこの根本的な部分は余りかかれていません。 就活本に書かれてい …

牛

ダメな志望動機6パターン全部見せます![社会人志望]

志望動機の典型的NG事例その6!前回の「業界志望人間」を上回る破壊力を持った「社会人志望人間」です。 これは無意識に書いてしまっているんだと思いますが、「社会に貢献したい」や、「自分を成長させたい」が …